教員免許を取ることで得られる3つのメリット

もしものとき教員として就職できる

現在は教師になるつもりがなかっても働いてみると学校で勉強を教えたいと思ったり、倒産して仕事が無くなった場合にも次の就職先として教員を選ぶことができます。資格や経験を持っていてもなかなか転職先を見つけることが容易ではないこの時代で、教員としての働き口を見つけれる可能性を持った教員免許は人生の保険としてはとても魅力的です。なので卒業後すぐに教職につくつもりが無くても、少しでも興味があれば取っておくほうがよいでしょう。

教員以外にも活躍の場がある

教員免許はもちろん教員として採用されるために必要な資格なのですが、教職につかなくてもメリットはあります。例えば予備校などの教育産業に携わる場合には教育心理学や、教育学、その他教育実習の集団授業での経験が予備校での学習指導にも役立ってくることは間違いないです。予備校講師として働くには教員免許を必要としていないところも多いのですが、やはり教育学について体系的に学習した人の知識は強みになります。なので教育に関わる仕事の人も取れるうちにとっておいたほうがよいかもしれません。

子育てのときに役立つ

教職課程の勉強には当然子供の学習教育だけではなく生活教育に関することも行われています。なので実際に自分が教員として子供を指導することが無かったとしても自分が家庭を持って子供を産み、育てる立場になったときにその知識は活きるはずです。教育とは学校だけで行われているのではなく、ごく普通に日常の家庭でも行われることなので、学生時代に学んだ教育に対する知識は決して無駄にならないので教職課程には人生を豊かにする役割があります。

教員募集には多くの種類があります。正規の募集以外には非常勤講師の募集があります。さらに私立の学校の募集もあるのです。