家庭教師のバイトは、将来先生になる人のためにあるの?

教師になることが夢でした!

昔から勉強も良くできて、優秀だった友達がいます。その子の夢が先生になることでしたから、大学時代家庭教師のバイトをしていると言われてました。教師になる道は簡単ではないですが、教師になるための準備も必要です。家庭教師は選択肢としては正しいです。学生までは机に向かってノートを書いて、読んで理解してテスト勉強に望んでましたよね。教師になると、教えるという重要な任務です。子供達の将来を預けられたと言っても過言ではないでしょう。

壁にぶち当たるものですが

先生になるためだけに一生懸命勉強を頑張ってきた友達がいましたが、やがて壁にぶち当たったようです。家庭教師のバイトしていて、子供から色んな質問を受けたようです。家庭教師のバイトは一人で相手にしますが、学校の教師は生徒一人でなく、ひとクラス30人以上教えるために指導方法も考えさせられたと言っていましたね。バイトでも、人を教える機会をもらった事は有り難いです。教師だと教育実習で体験しますが、バイトであっても生徒の将来がかかっていると考えると、解き方を伝授してもらいたいですね。

バイトは家庭教師一本?

家庭教師のバイトだけに拘らずに、掛け持ちでもいいから、社会勉強は必要でしょう。先生として働くには、賢いだけでは難しいです。勉強ができればよかった、それで教師として志したものの、教える事の難しさを痛感しています。生徒は頭が良い子から勉強が全くの苦手と全く違う生徒を相手にする時の事を考えます。同じように接するとバイトであっても成果が乏しいですよね。教育は教えるだけでなく、生徒と向き合いながら生徒の親ともコミュニケーションが求められます。教えるだけでない、生徒に合わせた学習法を考えるのも成功の道です。

学生のバイトとして人気の高い家庭教師のバイトは、高時給であることでも知られており、短時間で稼ぐことができるので初めてのバイトとして始める学生も多くいます。