ゲームクリエイターの専門学校のメリット・デメリット

ゲームクリエイターの専門学校とは?

ゲームの専門学校には、ゲームプログラミングコース、ゲームプランナーコース、ゲームCGデザイナーコースなど、それぞれの専門やなりたい職種に合わせて学ぶことができるコースが用意されている学校が多いです。例えば、ゲームプログラミングコースではゲームのプログラミングについての専門知識を身につけ、実際にゲームを作ることができるようになるようなカリキュラムが組まれています。また、4年制の学校や2年制の学校など、通う年月やカリキュラムの進度の速さ、濃さはそれぞれの専門学校によって異なります。

ゲームクリエイターの専門学校のメリットとは?

ゲームの専門学校で勉強する一番のメリットは、ゲームを作るための環境が整っていることです。ゲームの専門学校では、ゲームプログラミングのスキルを学べるだけではなく、周りにゲームクリエイターやゲームデザイナーを目指す学生もいるので、お互いに情報交換して切磋琢磨して磨きあったり、ゲームデザイナーの友達を作って話を聞きながらプログラミングを学ぶといったこともできます。ゲームの専門学校は、ゲームクリエイターを目指すうえで最適な環境だといえるでしょう。

ゲームの専門学校のデメリットは?

ゲームの専門学校のデメリットとして、「ゲームのことしか学べない」ということがあります。ゲームの専門学校に入ると2~4年間はゲームのことだけについて学ぶのですが、全く新しいゲームのアイデアは、ゲームからは生まれないことが多いです。ゲーム会社を就職先に選ぶときに「ゲームが作れる」だけでは突出したアピールにならないのです。また、ゲームスクールに対するイメージも現在のところ良いとは言えません。もちろん、ゲームスクール出身者の中には大きな功績を残して業界から絶賛されている方もいますが、そのような人は成績優秀の一握りのエリートであって、「ゲームの専門学校に入ったから誰でも有能なゲームクリエイターになれる」ということではないのが現状です。ゲームの専門学校を選択する際にはそのようなことも念頭に置きながら選択することをお勧めします。

ゲームの専門学校とは、ゲームに関することについて勉強することが出来る専門学校です。ゲームの開発方法などを勉強できます。