心理学を専攻すると、一体何が分かってくるのかな?

心理学は仕事する上で欠かせない?

仕事する時、相手の心理を読むでしょう。そこで自分はこうする、相手はこうしてくるだろうと予測します。それでも思い通りにならない事が多いので、仕事する時、スポーツでは対決する時は心理を読んで作戦を立てるでしょう。駆け引きと言いますが、それを制しない事には勝ち目はないでしょう。特に実力差がある場合、最初からあきらめてはいけないです。相手の心理を読む能力が長けていると、相手は警戒します。実力が上であると相手は油断するので、一瞬の隙ができる瞬間を読みましょう。

心理学を専攻すると…

心理学を教える時、先生は何を材料にして授業するのかが楽しみです。基本教科書やレジュメと呼ばれる資料を基に授業しますが、その中に心理学に関する内容も含まれています。相手を読む…心理学は考えるだけでなく、相手の心理も読むのが一般的です。社会では、駆け引きが横行しています。駆け引きは勝つための常套手段ですから、それを伸ばすためにはどうしたらいいのかを知る講義です。心理でどのような結果を生むのかはあくまでも結果論に過ぎないでしょう。

心理を読めない人は自分を過信している?

心理学は自分と相手を見比べます。会社で行われているか取引は駆け引きと同じです。商売する時も顧客とお店のスタッフです。顧客は買いたい欲を持っていますが、あくまでもこの値段よりも安くしてと要求します。スタッフは早く売りたいと考えるでしょう。そこで駆け引きが始まっていますから、お店がだんだんと値段を下げていきます。顧客は値段の下げ幅を計算して、お得と感じるまでは譲らないでしょう。スタッフも利益を考えたら一歩も譲れないので、心理戦としては面白いです。スポーツは格上の場合、格下相手に負けられないプレッシャーがあります。簡単に勝負付けたいという焦りは過信している瞬間なので、格下も一気に仕留めるにはこの瞬間しかないですよね。

心理学の大学とは心理学について勉強することが出来たり心理系の資格を取ることが出来る大学のことを指します。