マーケットによって違う信用取引の内容を紹介します

株取引での信用取引とは

株取引には、証券会社の好意で信用取引枠が使えます。証拠金に対して3倍の資金で株を購入する事ができます。その逆にミニ株制度というものもあります。株価の10分の1で株を購入する事ができます。他の株主とシンジケートを組んで株を購入する仕組みになっています。取りまとめ役は証券会社で、シンジケートが成立しない時は不足分は証券会社が補てんしてくれます。また、空売りという行為も証券会社から株を借り入れる事で行う事もできます。日本では信用取引が無ければ株取引は成立しにくい状況になっています。

外国為替証拠金取引での信用取引とは

外国為替証拠金取引はFXとも呼ばれ世界中で人気のある相場取引になります。1日で200兆円ものお金が動く事もあります。そのため流動性が高くなるので、100%取引は成立します。流動性が高くなっている原因として、信用取引が上げられます。FXでの信用取引は特殊で、日本では証拠金に対し25倍もの資金を動かす事ができます。海外では500倍、600倍で普通に取引されています。少ない資金で取引ができるので自然と市場にお金が流れていきます。これが流動性が高くなる大きな要因です。

先物市場での信用取引とは

先物市場とは指定した原資産の相場が将来的にどのような価格になるか判断するためにあります。先物市場で取引を行う目的は2つあり、リスクヘッジの意味合いで取引する場合と、差金狙いの取引があります。後者の方は個人投資家や銀行のディーラーが、短期売買を日々繰り返しています。この差金狙いの短期売買には信用取引が利用されます。先物市場は約10倍程の信用取引を利用するのが主流で、短期間に大金を手に入れる事も可能です。逆に大金を失う恐れもあるので資金管理は徹底する必要があります。

信用取引とは、通常の場合、証券会社から、株式や資金を借りるかたちで行う取引です。投資の中でもリスクが大きいといわれます。